森会長は相談役に就任?→「まったく決まっていません」辞任表明後の会見で語られたこと

森会長は12日の懇談会の冒頭、辞意を表明する中で自身の発言が女性蔑視であるという批判は「解釈の仕方」であるとし、「意図的な報道があった」と語っている

武藤氏はこの点について見解を求められると「私は解釈の問題ということではなくて、発言の内容は極めて不適切なものであると認識しています」と語った。

「会長のお気持ち、たぶんいろいろあるとは思うんですが、発言というのは一旦口にすれば、それとして理解されるべきものなので、どういう思いであったかではなくてですね、発言そのものが適切であったか不適切であったというふうに考えるべきだと思っています」

報道陣からは森会長が参加していないことを批判する声も上がった。

これに対し、武藤氏は以下のように答えた。

「すでに、この問題について記者会見、メディアで説明されました。今回は辞意の表明ということで、大勢の前ではっきりおっしゃりましたので、会長はそれで十分だとご判断になったのだと思います」

森氏が会長を辞職した後も何らかのポストに就く可能性が指摘されているが、その点については次のように語った。

「辞任した後、何からのポストに就くのか。現時点では、そういうお話は出ていません」

「一方で、森会長がこのオリンピック、招致の段階、準備の段階で非常に多くの貢献されたこと、これは事実だとも思います。森会長によって実現したこと、客観的に見てあると思います」

「これはIOCにもそういう意味でオリンピック、パラリンピックに対してポストに就くということではなく、ご支援いただくことが望ましいと言っている方もおられます。いろいろな議論がありますので、今後のことは検討しながら適切な結論を得ていくことになる。規定路線のようにこうなるといったようなことは、まったく決まっていません」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here