29.9 C
Mumbai
Thursday, May 6, 2021

寝ている間にスマホが発火も リチウムイオン電池の熱暴走の危険、再現テスト動画の中身

再現テストによると、充電端子内に導電性の異物が混入した状態でモバイルバッテリーを充電すると、充電端子が発熱・発煙しました。また、スマートフォンを充電しながら動画を連続再生すると、表面温度が上昇。さらに、掛け布団によって放熱が妨げられると、温度がさらに上昇しました。リチウムイオン電池が熱暴走すると、温度が急上昇して勢いよく発煙し、周辺物が焼ける様子もみられたといいます。また、スマートフォンが長時間肌に触れていると「低温やけど」を負う恐れもあるといい、就寝中は特に気をつけるよう呼びかけています。そして、以下のアドバイスをしました。・熱さや異臭など異常を感じたら、直ちに使用を中止する・電池に膨張が見られたら使用を控え、交換または適切に廃棄する・充電器の定格出力を確認し、接続するスマートフォンやモバイルバッテリーなどの仕様に応じて適切な充電器を使う・放熱が妨げられる環境下で使用すると高温になる可能性がある。そのため、使用中や充電中は発熱することを認識し、熱がこもる環境に置かないように心がける・製造・販売元や型式が明示されていない商品や、仕様が不明確な商品を購入するのは避ける

「国民皆保険」から漏れてしまうのは自己責任ですか?コロナ感染後の対応、5つの言語で発信する理由

今回のフローチャート作成においては、以下の3点の工夫が施されていると、国際医療協力局連携協力部連携推進課の岩本あづささんは説明した。(1)この図が東京都の対応をもとに作成したことを明記すること(2)2021年2月時点の情報をもとに作成したことを明記すること(3)各言語で1枚ずつ別々に作るのではなく、1枚のフローチャートに5言語の説明を加えること前提として、地域によって新型コロナ陽性者への対応は異なる。基本的に感染者に入院を求める地域もあれば、症状に応じて自宅療養・宿泊療養・入院へ割り振る地域と対応は様々だ。また、時間が経過すると病床の逼迫度合いなどを踏まえて、対応が変化する可能性がある。そのため、どこの地域のどの時点の情報をもとに作成したものであるか明記した。合わせて多言語対応でありがちな、各言語ごとのツールを開発することもとある理由から避けたと明かす。「何語版、何語版という風に複数にわけて作ると、それだけ外国人の方にとっては複雑になる。そんな複雑な状況は避けるために、結果的に字が小さくなってしまったのですが、5つの言語を1枚のフローチャートにまとめることに心を砕きました」一方、このフローチャートではPCR検査までの行程についての説明はない。東京都では新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合、基本的にはかかりつけ医もしくは東京都発熱相談センターへ電話で相談し、必要であると判断された場合に検査を受ける。この場合は行政検査の対象となるため、検査費用は無料だ(別途、診察代などは発生する)。だが、外国人の場合、保険に加入していないケースやかかりつけ医と呼べる存在が不在なケース、診察代を支払えないケースなどもある。日本人とは異なる事情を抱えていることも少なくないため、それぞれの事情を加味した上での判断が必要だ。藤田さんは迷った時はまずは外国人相談の窓口へ相談することを呼びかけている。「皆保険制度から漏れている人たちがいます」

地震(じしん) で 電気(でんき) が 止(と)まって います【やさしい にほんご の きじ】

「やさしい日本語」って?BuzzFeed Japanでは、日本語に不慣れな人にも生活情報や防災情報を届けるため、「やさしい日本語」で記事を配信しています。「やさしい日本語」とは、日本語に不慣れな外国人などに対して使われる、シンプルで分かりやすい日本語です。より簡単な言葉や理解しやすい文法、ひらがなのルビを用いて説明しています。日本で暮らす在留外国人のうち、人口がもっとも多いのは中国(構成比27.7%)で次いで韓国(同15.2%)、ベトナム(14.0%)、フィリピン(同9.6%)、ブラジル(7.2%)、ネパール(3.3%)です(2020年3月現在)。外国人向けに英語が使われることも多いのですが、日本には多様な言語を母語とし、英語が分からない人たちも多く住んでいます。日本で暮らす外国人には日本語を学び、初歩レベルの日本語を理解する人も多いため、簡単でわかりやすい「やさしい日本語」で発信をしています。

どんな 内容(ないよう)?緊急事態宣言(きんきゅう じたい せんげん)を せつめい します【やさしい にほんご の きじ】

緊急事態宣言(きんきゅう じたい せんげん)、どんな 内容(ないよう)?緊急事態(きんきゅうじたい)とは、「とても 大変(たいへん)な 状況(じょうきょう)」という こと です。宣言(せんげん)は 発表(はっぴょう)すること です。コロナ に なる 人(ひと)が 増(ふ)えて 大変(たいへん)なので、日本政府(にほんせいふ)が、日本(にほん)に 住(す)む 人(ひと)みんな に いくつか お願(ねが)い を しています。ポイントは こちら です。・夜(よる)8時(じ)より 後(あと)は、レストラン や 居酒屋(いざかや)に いかないで ください・レストラン や 居酒屋(いざかや)、カラオケ は 夜(よる)8時(じ)で お店(みせ)を 閉(し)めて ください・できるだけ、家(いえ)から 仕事(しごと)を して ください・とても 大(おお)きな イベント に 行(い)かないで・しないで ください・学校(がっこう)は 休(やす)み に なりません詳(くわ)しく 説明(せつめい)します。

地震への備えは大丈夫?災害はいつ来るかわからないから…必ず準備してほしい4つのこと

いざという時に持ち出せるように、日頃から揃えておきたいのか「非常用持ち出し袋」。「持ち出し袋そのものが、まだ自宅にない」という人は、ぜひこの機会に用意してください。使っていないリュックサックなどに少しずつ物を入れていけば、無理なく準備ができます。「持ち出し袋はあるけど、必要なものは揃っているかな?」そんな人は、このチェックリストで確認してみてください。

Extinction Rebellion activists cleared of criminal damage over Shell HQ protest

Six Extinction Rebellion protesters have been cleared of causing criminal damage to Shell’s London headquarters, despite a judge saying they had no defence in...

The Officer Who Shot And Killed A Woman During The Capitol...

Federal prosecutors will not charge an officer who shot and killed a woman attempting to climb into the Speaker's Lobby during the insurrection...

「良きにはからえ」はもう限界。菅首相の“自助”重視路線が見落としている決定的な事実

ーー新型コロナが突きつけた課題に、我々は今後どのように向き合っていくべきなのでしょうか?やはり日本社会がこの20年~30年でどのように変化してきたのかということについて、もっと認識した方が良いのだと思います。非正規雇用の人が増えたということはあくまで1つの側面であり、根本の課題はソーシャルキャピタル頼りの限界だと考えます。象徴的なデータが、自治会の加入率のピークは1980年代であったということです。体感的には60年代を境につながりは希薄化してきたと捉える方もいるかもしれませんが、実際には80年代まではそうした地域のつながりは残っていた。自営業の開業率も、80年代初頭までは高かった。自治会の加入率が急速に低下したのは2000年前後です。これは産業構造的に自営業がもたなくなってきた時期と重なります。おそらく、80年代までに人格形成した世代と、それ以後の世代では、無意識の前提としている社会観がかなり違うでしょう。現在、政治の中枢にいる人々はまだソーシャルキャピタルが今よりは機能していた時代に生まれ育っているため、こうした変化を実感することはないのでしょう。近年、ジェンダーに関する発言でそのような古い価値観があらわになっていますが、ジェンダーに関する認識に限らず、様々な点において世界観は相当違うと思います。ーー世代交代によって、政治に関わる人々の認識も変わり、ガバナンスのあり方も変化すると言えますか?世代交代によって変わっていかざるを得ませんが、そこまですぐに変わるかどうかはわかりません。自民党に代表される日本の政治の仕組みは、基本的に業界団体や自治会、町内会といったところを票田としています。すでに社会を構成する大多数の人はそうした組織とつながっていないことは明白ですが、自治会や業界団体などから支持を取り付けた人々が当選し続けるという状況はしばらく変わらないかもしれません。しかし、我々はソーシャルキャピタルが衰退してきたという現実を直視しなければなりません。「つながりのある社会に戻しましょう」と言ったところで、それはおそらく無理でしょう。常識的に考えれば、公助の領域、つまり行政が負担する領域を増やし、公的支出を増やすしかない。そして、行政の負担を軽くするためにも、様々なことを明文化するしかないのではないでしょうか。明文化しないほうが行政の裁量の余地は増えますが、その分だけ行政職員の負担は増えます。生活保護も、いちいち現場職員が審査をして親族照会をするより、書類審査で自動的に通したほうが負担は減る。社会のつながりに任せ、政府は「あとは良きにはからえ」で上手くいった社会は、「小さな政府」で済みますから、コストパフォーマンスが優れていたかもしれません。しかし、ソーシャルキャピタルがどんどんと失われていく社会では、そのようなやり方は機能しません。コロナ禍をきっかけに、その現実を直視するべきだと思います。

「厳罰化に犯罪抑止効果あり」と強調する厚労省に相次ぐ反論 「ダメ。ゼッタイ。」バトルも

これに対し、複数の委員から、既に大麻に手を出した人への支援が必要だという意見が相次いだ。薬物を使う人の心理に詳しいある委員は、「特に二次予防が大切。二次予防は重症化の予防をしている。依存症にならないようにする。大麻に手を出したけど、迷いながら使っている人がおそらくいる」とした上で、「三次予防の対象は依存症になった人の社会復帰や再発の予防。『助けてほしい。治療が必要です』と言って医療機関や回復支援施設につながっている。全く使ったことがない一次予防から三次予防の間の距離が空いてしまっている。二次予防は特に若年者が大麻の検挙者が多い背景を踏まえると大事」と訴えた。薬物について一般に啓発する文章を書いてきた別の委員は、「大麻は半分しか起訴されず、起訴されても9割は執行猶予。犯罪化されてもそのまま放置されている実態がある。これをなんとかしなくちゃいけない。(大麻を)やったら刑事手続には乗るけれど、そのままほったらかしという状況をなんとかしないと意味がない」と依存症になる前の対策を訴えた。「予防啓発に当たって、メッセージを出す時に、既に依存症になっている人、これから手を出すかもしれない人たちを分断しないような、排除しないような啓発や広報のあり方を模索してほしい」という意見を出した依存症の専門家もいた。「ダメ。ゼッタイ。」バトルが勃発また、日本で盛んに行われている薬物防止を啓発する「ダメ。ゼッタイ。」というキャッチコピーについて、2人の委員間で論争が繰り広げられた。薬物依存症の患者を専門に診ている委員は、「薬物の問題はそもそも保健衛生、健康問題。人類の健康や福祉を守るためにこういう法律はある」とした上で、「当事者や当事者の周辺の方々が傷つくような予防啓発は非常に慎重にしなければいけない。例えば感染症について、HIVやハンセン病に感染した方たちが恥じ入るような予防啓発はすべきではない」と主張した。「かつて妊婦がアルコールを飲むことによって胎児性アルコール症候群で様々な障害が出たことに関して予防啓発をしていた民間団体の方たちが、後に胎児性アルコール症候群のお子さんがいるお母さんからクレームを受けた。『うちの子は生きていてはいけないような気がする』とクレームを受けたと聞く」と紹介し、「この『ダメ。ゼッタイ。』に関しては、依存症当事者やご家族の方たちがすごく強く不満を持っている。薬物依存症の治療や支援に関わっている専門職や支援者の方たちも不満に思っている。このようなものがこのまま使われるということは予防啓発のあり方としてどうなのか。再考していただきたい」と強く批判した。これに対し、長年「ダメ。ゼッタイ。」を推進してきた立場の委員がすぐさま声を震わせながら反論。「『ダメ。ゼッタイ。』で表される一次予防ですが、『当事者』というのは薬物乱用を不幸にして始めていない人に対する標語であった。今でもそうです」「したがって、『当事者』というのは不幸にして始めてしまって、それを止めようと思って戦っている人たちではない。それを我々は頭に置いておかなければいけない」と語った。さらに、「最近、治療に当たっている人たちと私はいろんな国でお話ししてきました。日本においても、最近お話しすることがあったのですが、『ダメ。ゼッタイ。』という一次予防に対する呼びかけは不可欠である、という意見を伺った」「ヨーロッパのある国ではそういう治療に携わっている人たちから伺ったが、社会復帰を果たした人たちは、英語で言うと『 Never, Ever』と言う。要するに『ダメ。ゼッタイ。』ということです。やってはダメだということです。そういう意見があるということを伝えてきた人がいることを指摘しておきたい」と話した。薬物使用者の家族会も「ダメ。ゼッタイ。」見直しを要望一方、薬物依存症当事者の家族会「関西薬物依存症家族の会」代表の山口勉さんは検討会に先立つ4月21日、田村憲久・厚労相、衆参厚生労働委員会委員、「ダメ。ゼッタイ。」キャンペーンの旗振り役「麻薬・覚せい剤乱用防止センター」理事長の藤野彰氏宛てに、「ダメ。ゼッタイ。」の見直しを求める要望書を提出している。

This Company Monitors Prisoners In Xinjiang. It Won An “Innovation” Award...

With an Amazon logo behind him and luminaries from Shanghai’s booming venture capital scene in front of him, the executive onstage delivered his...